航時機

昔のことを思い出しつつ気の向くままに書いてます。

ふつうの圧力が怖い

 

ちいたむです。

前回のブログから1ヶ月近くたってしまいました。

ここ1ヶ月はカラオケにふけりまくっていたので

まあしょうがないっちゃしょうがないですね。

 

うまくなったりとかレパートリーが増えてればいいんですけど

そういうわけでもなくて萎えてます。

とはいえ、歌えもしない歌を適当に入れて歌ったり

ガイドボーカルつけて何度も練習できたりするのは

家でカラオケできる強みですねぇ。

 

それはさておき、ここ最近とにかくいろんなタイミングで

「普通」に殺されそうになっています。

普通が怖くて怖くて仕方ないのです。

 

恐らくわたしがあまり普通ではないことは

すぐにばれているとは思うんです、ので、

おびえたり、自分を隠す必要はないと思ってます。

 

とはいえ、普通でないことを前面に出したり

異端ぶったりして仕事が円滑になるとも思わないので

できる限り没個性的で普通でありたいなと思うんですよ。

 

余計なことは話したくない。

好きなことはネットで言ってりゃいいし。

 

カラオケにいったら普通の歌うたえないんで

趣味はバレちゃいますけどね。

(今のところ機会がなさそうなのでその心配はいらないわ。)

 

いろんなことを話す度

あ~わたしって世間知らずだな、何も知らないな

みんながしてることなんもしてないなとか

そんなことを感じまくって勝手に傷つきまくったり

やるせなくなっています

 

別に彼氏がいなくたって楽しいことがたくさんある毎日過ごしてますけど

それじゃダメというか、そういう当たり前のイベントをクリアしてないと

会話にならない共同体にいるのマジできっついんですよ

 

わたしは人よりちょっと妄想が得意なので

それで補完できないこともないんですけどね

人よりずっとうそをつくのが下手なので

結局補完はできないんです

 

今まで結構自由な職場だったりとか

まあみんな恋愛体質~みたいなところにもいたりしたけど

それを強要されたりとかするわけじゃなかったの

 

でも今は、その感覚を持っていないと仕事にならなくて

マジで本当に詰んでいる

 

あ~~~~~~…

 

たとえるならば異国にいるような。

文化がまるで違うんです。

 

絵にかいたような生き方をしてきている人ばかりで

 

そういえば高校に入った時もそうだったかも

もちろん全員ではないんですが

田舎の金持ちがたくさんいるところだったので

み~んないい暮らしをにおわせてきて

文化の違いについていけなくてぐれました。

 

あのときは本当につらかった

自分の世界の中に誰一人わかってくれる人がいなくて

真面目に相談しても、教師はそれを理解ができないみたいで

あんなのが教師って本当に許せなくて

(そんなことはいつだかtumblrにかきました)

 

そのときと同じような気分を味わされているような

上手く息をできないみたいな感覚が続いている

 

仕事自体は楽しいしむかついたり×したいと思いながらも

なんとかやってるけれど

息ができないのは苦しい。

 

早く息したい。

 

 

おやすみなさい。

 

 

 

ブタゴリラはなぜ自主的に店を手伝うのか?(キテレツ大百科121話考察)

 

ちいたむです。

昨晩キテレツ大百科レビュー100話まで書きましたが

フライングで121話について書かせてください。

 

121話は「参観日、小鳥がハイクを作ったよ!」という回。

何気に五七五になってますね。

 

***

 

授業参観は「国語」。

知っている俳句を挙げていく中、

ブタゴリラは「手を上げて 横断歩道を 渡ろうよ」と発表!

 

困ったブタゴリラの父ちゃんは、俳句の師匠として文鳥を買ってくる。

野菜の配達中お守を頼まれたキテレツたちは、

文鳥に獣類あやつり機でいたずらをする。

 

なんやかんやあって

「喋れる文鳥がいる八百屋」として店が大繁盛!

父ちゃん母ちゃんが客裁きに疲れて放心していたところ、文鳥が奪われてしまう。

ポストには、ペットショップの文鳥の価格と同じお金が入った貯金箱が入れられていた。

 

文鳥を盗んだのは小さな男の子。

文鳥がまだ小さいときから一生懸命お金をためて買おうとしていたところを

ブタゴリラの父ちゃんにタッチの差で買われてしまったとのことだった。

 

怒ったブタゴリラ文鳥を返すように要求するが、

男の子が鍵っ子と分かった途端、文鳥は「やるぜ」と言って帰ろうとする。

 

その後、戸惑うキテレツとコロ助を先に行かせて、

「おい、返すぜ」と貯金箱を渡すブタゴリラ

 

自分も小さい頃、父ちゃんと母ちゃんが仕事で構ってくれなかったのがさみしかったから…と。

 

そして、文鳥と男の子に心を刺激されたブタゴリラ

立派な俳句をつくって終了。

 

「母を待つ 子の手で遊ぶ 小鳥かな」

 

文鳥はほんとうに、ブタゴリラの俳句の師匠になったのでした…

 

 

***

 

 

とにかくイケメンなブタゴリラの回です。

いつだって情にはアツいブタゴリラですが、

素直に「キャー!!」って言えるイケメンさは、

今のところこれがはじめて。

 

小さい頃…八百八を手伝えなかった頃、

ブタゴリラはひとり寂しい思いをしていたのでしょう。

 

そんな自分に文鳥がいたら、どうだったか。

あの一瞬で想像して譲り渡せるの、かっこよすぎる。

 

今の自分はもう5年生で配達の手伝いもできて、

父ちゃんと母ちゃんと一緒に仕事ができるから、寂しくないから

文鳥は必要ないと…

 

「父ちゃんと母ちゃんがいない悲しみ」を知っているからこその

決断だったと思います。

 

 

さて、タイトルに戻りますが。

ブタゴリラは超自主的に八百八を手伝っております(アニメ版)。

 

「八百八を継ぎたい!」という夢があるとはいえ、

その夢のために、わざわざ小学生のころから働く必要はないでしょう。

それでもしっかりと勤め上げるのは、寂しかったからなんじゃないかなと。

 

自分も父ちゃんと母ちゃんの、「八百八」の一員であると誇示するために

お手伝いをしていたんじゃないでしょうか。

 

強くて能天気で自由気ままに生きているようなブタゴリラにも

こういう弱みというか、人間らしさがあるとものすごくリアルだし、

自分の中でのブタゴリラのキャラクターとしての奥行が出てきました。

 

キテレツ大百科」はわたしにとって理想の宝庫だから

その理想を形作る人々にもちゃんと現実味があるとなんだかうれしい。

 

トンガリはママと共依存だし、みよ子はママにネグレクトされてる疑惑あるし

キテレツ以外は割と人間味が強かったりするかもしれないね。

 

まだまだ考察しがいのあるキテレツ大百科くん。

何度でも見返したい作品です。

 

この回はブタゴリラ推しじゃなくてもめっちゃキュンとくるので

ぜひいろんな方に見てほしいなぁと思います。

 

割と考察してなくて、話の要約みたいになっちゃいましたが

手がクソ冷たすぎてもうキーボード打てないので

ここらで終わらせていただきたいと思います。

 

それでは。

 

 

キテレツ大百科 91話~100話 レビューまとめ

 

ちいたむです。

なんということか…ついにこのレビューも100話分まできてしまいました。

約3分の1。割と書きましたねぇ。

 

3日坊主のわたしがここまでやったのだから

ちゃんと最後まで走り切ろうと思います。

 

100話付近を再度見直しているのですが、

疲れる話が多くなってきたのでボーボボを見てます。

ボーボボより疲れるキテレツって…()

 

何がどうとは言えないのですが、なんか疲れるのが多いんですよ。

そこらへんはレビューで詳しく言及できればと思います。

 

それでは早速行ってみましょう!

 

 

※注意

このレビューは腐女子の偏見がベースに描かれているため

少々激しい感情が含まれることがあります。

こういう見方もあるのだなぁというくらいに思っておいてください。

 

 

***

 

第91話 とんでけ五月病!? みよちゃん雲にのる

評価 ★★☆☆☆

 

あたし一人になりたいの…じゃないですよ!

一回ブタゴリラたち危険な目に遭ってるでしょ!

コロ助を護衛につけるも結果は空しく

みな危険にさらされます。

 

みよ子、みよ子の母、ユキさんの3人が

やっぱり性格ヤバいということを再確認する話。

 

 

第92話 コロ助ピンチ! 武士はウソをつかぬナリ

評価 ★☆☆☆☆

 

話自体は面白くなくはないんだけど

コロ助が可哀想だし、

ブタゴリラとトンガリが性格悪すぎて胸糞回。

 

コロ助がおねしょしていないのに

おねしょした、という噂を流される話です。

いろんな子供たちにもバカにされてあまりにも不憫。

ブタゴリラたちの態度もクソで、最後までモヤモヤする。

 

 

第93話 仰天告白! ウチの二階のかわいいポニー

評価 ★★★☆☆

 

コロ助はほんとに動物大好きね。

でもポニー飼うのはどう考えてもダメです!!

最初から如意光で小さくしろよ!!

 

最終的にはいい話っちゃいい話。

 

馬のおしっこが階下に垂れるくだりがあります。

二連続おしっこ…シモに頼りすぎ!

 

 

第94話 どすこい! 犬型神隠し発見器で力士捜し

評価 ★★★★☆

 

以前のブログで

もう出てこないと間違えて言及してしまった

 熊一郎おじさんが再登場する回です。

 

当時生きていなかったからわからないのですが

相撲ブームか何かだったのでしょうかね。

行方不明のおすもうさんを探しに行きます。

 

犬型神隠し発見器がなぜ犬型なのかは謎ですが

勉三さん主導の探偵ものみたいに話が進んでなかなか面白い。

 

人が死んでない2時間ドラマみたいで割と好きです。

 

 

第95話 ど忘れ玉でチマキに雨ふる勉三さん

評価 ★★★☆☆

 

チマキじゃなくてちまたです。(笑)

 

みよ子は性格悪いけど、

勉三のためにお弁当作ってあげるところは優しい。

 

勉三が毎度ながらクソ面倒くさいうえ

最終的にのろけてくるので腹立ちます。

でもキテレツらしくていいと思う。

 

 

第96話 お金のなる本! キュリー夫人とにんじん

評価 ★★★★☆

 

ブタゴリラが厚い本なんて読むわけないんだけど

友達にも親にもみんなにそういう目で見られて

ちょっと不憫ではある。

 

一生懸命へそくりの持ち主を探すみんないい子だし

ちゃんとお金を返してあげようとするところも素晴らしいし

1年生がキュウリの本と間違ってキューリー夫人の本借りるの草だし

前回と似たような探偵パートっぽい感じが

しっかり魅せてくれるので見ごたえもあります。

笑いとのバランスもよく、キテレツらしい良回。

 

 

第97話 21世紀からブタゴリラ親子がやって来た

評価 ★☆☆☆☆

 

きました解釈違い回!

キテレツの夢女子は視聴注意です。

 

どの回と言及できなくて申し訳ないのですが

(暇なときに注釈つけますね)

ブタゴリラは以前、「野菜の嫌いな女とは結婚できない」と

言ったことがあります。

 

それなのに、野菜が嫌いな女と結婚したことになっています。

そんなことは、一体全体ありえるのだろうか。

何よりも野菜が大事で、すべてなブタゴリラ

野菜より女を優先するとは到底思えません。

なので、わたしの中ではこの回はキテレツ正史として認めません。

 

しかしながら、未来のキテレツがはちゃめちゃにイケメンな点と

コロ助がまだキテレツと暮らしている、というところだけは評価できるので

💀ではなく、☆1つにしておきます。

 

キテレツの夢女子の方は本当に気を付けてください。

でも、照れてるキテレツは可愛いです…悔しいけれど…

 

 

第98話 黄門さまもびっくり!? めしどき印籠ナリ

評価 ★★☆☆☆

 

話の本筋にはあんまり関係ないんですけど

子供たちのバーベキューを食らいつくす勉三が

あまりにも汚らしい。

 

家の中で食べるのはダメだけど外ならいいとかいう屁理屈も

ふざけてんのかって感じですね。

 

研究のせいで飯がダウングレードするコロ助可哀想。

しかもそれが勉三のためなのよ。勉三なんかのために出前ガマンしないでよ。

 

勉三は土日に車出したりしてくれていいやつではあるけど

キテレツに研究資金ちゃんと支払えやと思います。

最終的にユキさんが貰っちゃうし…

(彼女はさすがにお礼してくれました)

 

わたしが二人にお小遣いをあげたい。そんな回。

 

 

第99話 ツルの折れない人この指とまれ!

評価 ★★★★☆

 

ここがめちゃめちゃいい!というところはないんだけど

ハートフルで個人的に好きな回。

 

たしかにブタゴリラはツル折れなそうよね。

父ちゃんも母ちゃんも不器用っていうのも頷ける。

 

ツルを折るためだけじゃなくて、

最終的にマッサージ習得してちゃんと役に立って

本当に素晴らしい発明だったね…

折り紙で喜ぶコロ助可愛いし、

身寄りのないおばあちゃんのお見舞いに行くコロ助心優しすぎるし

…ハートフルです。

 

 

第100話 過去板消しで判明!? 八百八は魚屋だった

評価 ★★★★☆

 

絶対適当にタイトル考えてから中身作ってるでしょ!

という回なんだけど、

話自体はキテレツらしくしっかりしていて面白い。

 

なぜか冒頭からトンガリが壁に落書きする。

トンガリ、時々意味もなく性格悪いキャラにされるから不憫。

 

戦争直後の時代を見られて勉強にもなるし、

八百八にはこんな裏エピソードがあったのか…と

感動できるお話です。

 

なんか昔の回と齟齬があるような気もしないでもないので

そのうち暇なときに検証するかもしれません。

 

でも、まあ面白いからよし!

 

 

***

 

 

日付も変わってしまったのでまた次回!

 

それでは。