航時機

昔のことを思い出しつつ気の向くままに書いてます。

何が人を大人にさせるのか

 

新年あけまして初記事となります。

本年もよろしくお願い致します…っていうほど、

去年たくさん記事を書いてきたわけではないのですがね。

 

気持ち新たに始められるよう、

ブログデザインなども変えてみました。

プロフィールつけてみたり、カテゴリ加えてみたりしたので

興味のある人はぽちぽちしてみて頂けると嬉しいです。

 

 

というわけで本論に入りましょうかと…

 

 

この時期になると、というか、何か行事にかこつけて

「○○で嬉しくなくなるなんて、俺も大人になったなぁ」

「昔は○○になるとすごい楽しみだったのに…私ももう子供じゃないんだね」

というような人たちがいる。

 

私は、このような方々がどうにもこうにも解せないのだ。

 

確かに、子どものころはなんの行事も新鮮な気持ちで楽しめた。

クリスマスにはプレゼントを楽しみにしたし、

早く誕生日が来ないかと心待ちにした。

お正月に家族そろってお雑煮を食べることも、

夏休みに祖父母の家で線香花火をすることも…

 

年を重ねればそれらが当たり前になってしまうことは避けようがない。

しかしながら、それらを楽しみにできないのは、

本当に大人になったから、それだけなのだろうか。

 

一つ一つの出来事を楽しみにできなくなったのはきっと、

それ以外の楽しみを知ってしまったから、

子どもの頃より広い世界を手に入れたからだろう。

 

行事で盛り上がるパリピなるものも存在してはいるが、

行事がなくても、友人と集まって何かすることはできるし、

自分の欲しいものは自分で買うこともできる。

プレゼントやおこづかいを貰える日を心待ちにする必要はない。

(給料日が心待ちなのは大人も子どもも一緒だけどね!)

 

変化してしまった自分を見つめ、当時を思い出しノスタルジーに浸るのが好きな人には

特に何を言うこともないのだけれど、

もし本当に、またあの頃のように楽しみたいと思っているのならば

自発的にそうすればいいじゃないか。

 

もう受動的でいるだけの存在ではないのだから、

自らの思いを変えてみたり、何かを企画する必要性がある。

 

年はどうやったって重ねられてしまうし、体もどんどん大人になって老いていくけど

精神だけは、どうにだってすることはできると思う。

 

私はいつまでも子どもでいたい。

子どものまま、大人になりたいと思っている。

 

理由は色々あるけれど、一番は、

東京に出て、社会を広げて、色々な大人…いろんな人に会ってきて、

子どものように何事も楽しんでいる人がとても輝いていると思ったから。

 

一緒にいるだけで楽しいのに、色々学ばせられて、

やっぱり子どもだけど大人なんだと感じる、そんな人に憧れる。

 

子どもでいられる人は限られている存在だけど

思いさえ変わらなければ、どんな立場の人もそういられる気がする。

 

いい年こいてしっかりしない、ダメな大人になれということではなく、

自分の今あるスキルだとか力をうまく利用して

子どものように人生を楽しめたらいいなと、私はそう思うのです。

 

思えば子供の頃って、狭い環境で、少ない道具を使って工夫して遊んでた。

自分が楽しくなるために頑張ってたんだよね、気づかない間に。

 

大人になって、「大人になっちまった」と思ってた頃にやっと気づいた。

 

楽しくなるにはやっぱり、自発的じゃなきゃいけない。

 

保守的になった時、ただ受動的に生きるようになったとき

人は大人になってしまうんじゃないでしょうか。

 

いつまでも自発的に、何事も楽しめるような人間になれるよう、

今年も色々企画していければいいなぁと、自分に言い聞かせて、

このブログを閉じようと思います。

 

同時に自分のダメな子ども精神を少しずつ直していければと…

 

 

色々と、今年に向けての目標はございますがまず一つ目!

追って少しずつ書いていければよいです。

 

 

守ると壊すは紙一重

 

わたしの人の見方の問題から書き記していく。

 

私は、内と外の扱いにかなりの落差がある人間である。

外に対しては敵意丸出しに、人を人として見ていないといっても

過言ではないぐらいの態度を示してしまう。

さすがにこの年になってそれはマズいので、

そろそろ直さなければとは思っているのだが、

田舎者の性なのか(田舎のせいにしてはいけないけれど)

なかなか矯正できないものの見方のひとつである。

 

対して、内に対する見方だが、

一度テリトリーにさえ入ってしまえば、

掌を返したように厚い待遇で人をもてなそうとする。

わかりやすく言えばスネ夫タイプなんだろうか…

仲良くなった人にはいい思いをしてほしい、という一心で

ない頭を使って必死に対応している。

 

外は穢れ、内は神聖という考え方が、こびりついてしまっているのだ。

 

ふつうではあまりない感覚かもしれないが、

仲のいい友人に対して、かなり神聖視している面があり、

自分でもびっくりすることがある。

 

例えば、女性同士の生々しい下ネタトーク。

男性陣の下ネタが生々しくない、というわけではないのだが、

女子会などでは、詳しいところまで赤裸々に話されることがしばしばある。

わたしは、神聖視している人たちが、

そのような穢れの話をするのが耐えられないのだ。

 

好きという気持ちが高じて神聖化してしまう。

自分の中の理想像や勝手なイメージで、その人が作り上げられていく。

それらが裏切られてしまったとき、

予想外の一面を覗いてしまったとき、

禁忌的な感情を抱いてしまい、自己嫌悪に陥ってしまうこともあるのだ。

 

いわゆる声豚の方々が、「○○たそ~は処女!!!」と決めつけ、

解析班の方々のおかげ(せい?)でそれが暴かれたとき

怒りを通り越し悲しみとも無とも言えない謎の感情がこみ上げてくる…

そんな思いに通ずるところがあるかもしれない。

 

 

私の中だけでなく、私以外の中にあるイメージをも壊されるかもしれない、

そんな一面を覗いたとき、覗かされたとき、

どうしようもない焦燥感に襲われた。

 

本当は、私以外みんなにとって当たり前の事実かもしれない。

でも、もしかしたら、その人がその人たる要素のひとつであるのに

みんなに明かしていない一面かもしれない。

 

誰に言うでもなく、一人心の奥にしまう。

そうしないと、すべてが壊れる気がしてしまう。

誰かが壊してしまう気がしてしまう。

 

私は私の勝手な理想のため、何もなかったことにする。

 

きっとこの身勝手な判断は、

神聖視したものを壊してしまえる、という優越感とも似た感情に

値するのかなぁ、なんてぼんやり考えながら、筆を走らせた次第です。

 

それを本当に壊してしまうメンヘラがいたりするから、怖いんだけれども。

踏みとどまるまでの思考回路は酷似しているかと思うと

また自分に嫌気がさしてしまいそう。

 

誰にでも、砂でできた綺麗なお城を壊してみたい、という欲望はあるものだと、

私は考えています。

やる、やらないは別として、知的好奇心として、

自分が一手下すことで起こり得る現象を見てみたいという感情は

湧き出るものだと考えるからです。

 

それまであったものの本質を変えてしまう。周りの何もかもも変えてしまう。

禁忌を侵すという行為の可能性は大変魅力的なものです。

とはいえ、自分の中にそんな恐ろしい感覚が潜んでいるのかと思うと、

もういてもたってもいられないのです。

 

先述のメンヘラは、壊してみたい、というより

自己利益のために壊す、というパターンが多いから、

禁忌に対して魅力を感じているかというとまた微妙なのですが。

 

壊したくないのに、壊せる、という感情も持ち合わせてしまう、

複雑な感情に悩まされた時の備忘録的なものとして残しておこうと思います。

 

 

割と、ファンタジー要素強めの散文でした。

 

 

今年を振り返り…

 

どうにもこうにも卒論のやる気が出ないので、今年を振り返ろうと思います。

 

Twitterなんかでやられてる方も多いのですが、

わたしの詳細なんてわざわざTLに流したら鬱陶しいと思いますので

クリックして下さった優しい方々、またはアンチの方々だけに

お届けさせて頂ければと思います…

 

 

1月 【初売りでSurfaceを購入】

   レポートやら就活に使うという名目で買いましたがお絵かき目的だったり。

  【テスト期間に奔走】

   レポートやらなんやら頑張り、4年生が卒業されるのをちょっぴり切なく見送る。

  【弱ペダ活終止符!】

   就活前、最後のオタ活。ナンジャ行ってハッスル。様々な方とご一緒して、楽しい感じに。

 

 

2月 【バイトに明け暮れる日々】

   たまに遊んだりしてるけど、基本バイトだったみたい。卒業される先輩たちと飲み会したり…

 

  【殺人鬼に興味を持つ】

   就活は人を狂わせるのじゃ…

 

 

3月 【はじめての就活】

   就活課とかに行き始めていたらしい。他の人よりはだいぶ遅いスタートだった(というのは後程気づいた話)

   【バイト】

   生きるためとはいえ入りすぎてたな!?

 

 

4月 【ESが書けない】

   ノイローゼ気味になり、日記の一部損失。

 

   【オタ活に終止符と言ったな、アレは嘘だ】

   アニカフェに行っていた模様。一応就活のお話するためとはいえお前なぁ…

 

   【某アダルトグッズの会社を受ける】

   みんな知ってるアレの会社にES出したり面接したりしました。アレを真面目にビジネスとしてやられていると知り、若干の狂気を感じました(落ちました)。

 

 

5月 【高学歴メンバーとオフ会】

   せっかく高学歴の方々とオフ会するから!とSurfaceを持って意気揚々と足を運んだものの、フラッシュプレーヤーがトラブりWebテストできず…

   (今思えば結構肝心な時に仕事をしてないSurface氏)

 

  【就活、開始。】

   手当たり次第に色々行ってみていた模様(日記損失)。

 

 

6月 【石やんBirthDay】

   アニカフェでオフ会&お祝い…素敵な一日でありました。

 

  【B'z LIVE-GYM -EPIC NIGHT】

   アルバム曲に思い入れがなかった&スタンド2階であんまり湧けず…つらみ。これからはちゃんとファンクラブで取ろうと誓いました。

 

  【弱ペダ映画】

   オタク活動に終止符といったな、アレは(以下略)

 

  【律ちゃん生誕祭inアイマスカフェ】

   単独乗り込みしたら姫とオタがいて怖かった。いっぱいいっぱい聞けてよかった♡

 

  【FEifを買う】

   もうお前なにしてんのじゃ

 

 

7月 【食べ放題にハマる】

   ちゃんとしたところに行ったことなかったので、感動した。

 

  【テスト期間】

   日記の喪失。大学生活最後でした(後期はなんもとってないので)。

 

  【そういうわけで就活も…】

   ほとんどできてませんでした。あたりまえだけど単位大事だからね…

 

 

8月 【プリパラ、デビュー♡】

   ついに道を踏み外してしまった…キャラが本当に可愛くて、曲もいい!

 

  【日記喪失】

   ろくな思い出もなく、ろくな予定もなく、ノイローゼだった模様

 

 

9月 【機動戦士ガンダム展】

   2000円もするんかい!とびっくりしたけれど、内容の充実具合に驚く…。駆け込みで行って本当によかった。

 

  【弱ペダ映画】

   朝から映画館に並んだのは初めてでしたが、いや~すごかったです。ペダル仲間さんに再会もできて、いい日でした!

 

  【さようなら、キテレツ大百科

   TOKYOMXでやっていた再放送がついに終了。悲しみのあまりしばらくYoutubeでキテレツを見まくっていた。

 

  【異議あり!】

   逆転裁判にハマった。ナル←ミツ前提のミツノコが最高だと思います。

 

 

10月 【ディズニーランド&シー!!!】

   お腐れ仲間で夢の国を堪能する。開園から閉演まで楽しんだ!ヴィランズもあって、シーは阿鼻叫喚であった。

 

   【プライベート充実】

   仲のいい人たちとちょくちょく遊ぶ。ごはん食べたりカラオケいったり…

 

   【茨城遠征】

   動物と触れ合いたいという想いから…!運転できないので、寝ずにひたすら助手席で喋るぐらいしか貢献できませんでした()

 

  【80~90年代サブカルにハマる】

   今年に入って工藤静香にハマり、その流れでうしろ髪やらうしろ指…、ぼくたま、奇面組、男塾…とあの頃のサブカル全般にのめりこむ。

 

 

11月 【コスプレサミット】

   去年行った友人氏とちょろっと参加。終わりごろいったからあんまり見られなかったけど池袋楽しかった

 

   【弱ペダ映画リターンズ】

   二度目、見に行きました…( ´▽`)石やん尊かった。ラバキー御堂筋くんでした。

 

  【酉の市in新宿】

   バイトのメンバーで毎年行っているらしく、タイミングが合ったので参加!とにかく人が多かったけど楽しかった!

 

  【久しぶりの再会】

   バイト先を卒業してしまった方にお会いできた。久しぶりすぎてコミュ障発揮した。

 

 

12月 【夢100カフェ】

   初の乙女ゲーオタ活。弱ペダの争い前提で行ったら、交換とかガツガツしていなくてビックリした。楽しかった!

 

  【自炊再開】

   日頃健康に悪いものばかり食べてたのもあり、再開を決意。徐々に調味料や食材を買い足し、充実。

 

  【バイト、バイト、バイト…卒論】

   もう片方のバイトには「卒論忙しいんで…!」とか言って全然出てないけど、めっちゃバイトしてました。

 

 

 

こんな感じです。なんと、2000文字越えました。ワーーー

 

就活が辛い頃を取り戻す様に、2015年後半は結構本気出して楽しんだと思います。

まだ卒論かけてないけど、終わったら旅行行ったり、自堕落な生活を楽しみたいです。

 

あとは、忙しくてなかなかできてなかった絵の練習。

無理だとはわかっているのだけど、5月の男塾オンリーに向けて頑張りたいなって…

いう、願望!できるかはともかく何か形にできる画力を目指したいところ。

 

来年も、80~90年代のサブカル中心にのめりこんでいく方針です。

しばらくは夢100にもハマってると思います。

他のソシャゲなにもやってないのでね。携帯壊れちゃって…。゚(゚´ω`゚)゚。

 

 

モラトリアムもあと数か月で終わってしまうのかと思うと

少し感慨深いですが、

大学生活に関しては全く思い入れがないので、卒業感はあんまりないです。

 

なんて言いながら、奇面組のED「立つ鳥跡を濁さず」を聞くと、

うるっと来てしまうのです、終わるんだなって

 

でもね、人生は終わらないんですよ死ぬまで。

だから別に悲しいこともないし、思い残すこともないんです。

 

 

高校時代に固執したり、それ以前に固執したり、

あの頃はたのしかったなァと言ってる人は、わたしはあんまり好きじゃないです。

 

楽しかったんならまた、歩み直せばいいのです。

繰り返してみればいいんですよ。

 

この先また違う楽しみも生まれてくる。

アニメとは違うんだよね、人生は。

 

過去の自分とか、想いとか、そういうものに固執する必要は一切ない。

これからを見て、どう楽しむか考えればいいのです…

 

そんな風に思えるようになったから、

わたしのモラトリアムは、きちっと遂行されたんじゃないかな、と

そう思います。

 

今年は本当につらかったこともたくさんあったし、失敗だらけだったけど、

4年間の中で一番楽しい1年間だったと、胸を張ってそう言えます。

人生含めると難しいね…小学生の時とかすごい楽しかったもんね…

 

それでも、あの頃とは違う、今の自分の楽しさを享受できたから、大満足。

 

来年も、今年は去年より楽しかったと思えるように生きていければと思います。

 

 

みなさまの来年がよきものでありますよう…

このブログも細々と、たまにはかければいいなぁと思います。

それでは…卒論…取り掛かりますか…

 

 

 

広告を非表示にする